弱虫ペダル

弱虫ペダル

社会人で、ちょっと最近疲れてきたと思っていたり仕事に熱くなれないなぁと感じている方に弱虫ペダルという漫画をおすすめします。
主人公の小野田坂道は、オタクで気も弱いよくいる高校生なのですが、家から秋葉原までいつも自転車で往復し本人も気付かない間にかなり素晴らしい脚を手にしていました。
その脚で必死にペダルを漕いで、初心者ながらもインターハイのレギュラーメンバー入りするのですがそこまでの展開がかなり熱いです。
同級生との切磋琢磨や、インターハイのレギュラーメンバーを目指すにあたってライバルとなる先輩達との勝負など社会人になると忘れがちな「一つの事に必死になること」を思い出させてくれるような気がします。
また、インターハイのレギュラーメンバーになれなかった先輩達も、それぞれストーリーを持っていてしかもその一つ一つがすごく胸に響いてきます。この辺りはハンカチ必須です。
スポーツ漫画は、友情と努力で打ち勝って「すごいなぁ!」という感動が多いと思いますが、弱虫ペダルは泣けるシーンがとても多くそのためか幅広い年齢にうける漫画だと思います。
インターハイになると、やはり強力なライバルが登場するのですがその一つの箱根学園は毎年上位に入る強豪で、部長も「全員がエースのチーム」と自分で言ってしまうほど実力のあるチームです。その箱根学園に、どうやって小野田坂道の所属する総北高校が対抗していくのかというのが一番の見所だと思います。
自転車は個人競技だと思われることが多いそうですが、弱虫ペダルを見ると立派な団体競技です。一人一人が役割をまっとうしてゴールを目指すのは、社会人にも仕事において大切なことではないでしょうか。インターハイの試合を観ていると、その素晴らしさ重要性を再認識できると思います。
また、弱虫ペダルは主要キャラクターだけでなくサブキャラクターにもすごく感動するドラマやストーリー、エピソードを盛り込んでいます。例えば、小野田坂道くんと同級生でレギュラーメンバーではない杉元くんが、同級生で自転車初心者の小野田くんがインターハイで奮闘し、沢山の人を感動させたのを目の当たりにして、刺激を受けて一念発起して努力する姿はとても共感できると思います。ですが、一念発起してから努力を怠らずに邁進することはなかなか出来ないと思うので杉元くんを見習わなくては!と思うでしょう。
ライバル校側にもとても素晴らしいドラマがあり、その一つ一つにとても感動します。
特に、効率第一でチームメイトも切り捨ててしまうようなキャラクターがいるのですが、そうなった理由を知ると涙せずにはいられません。
様々な個性あるキャラクターがいますので、きっと仕事をする上で「このキャラクターがいってたあの言葉を大切にしていこう」という気持ちになれると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>